大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 1800ml

R2by 完売しました

今回の・・大信州 槽場詰め…
最近では一番の人気でした 3年前の H29by 以上のデキかもしれません。

開栓時には ガス圧で栓が飛ぶ事があるかも しれませんが、
生きものですので ご容赦下さい。

開けたては少し弱い風味に感じるかと思われます。
ワイン的に空気が含まれることで一日毎に劇的に変化します。
二日目以降は凄い事になります。
ただし・・ガス感との併用は無理ですが・・

当店的にはフルーツ爆弾と称しております ゆっくりとお楽しみください。




今期より・・

豊野蔵から 松本本社蔵での製造が始まりました。

新蔵の規模と設備は驚愕ですが、まだ画像投稿が許されていない
ので・・


新蔵最初の「フルーツ爆弾」がやってくる(^o^)
フナバから始まる「新酒の世界・・」。
まさに THEフナバ詰め

今年も「新米・新酒」スタートします・
ウチはこの酒から。

10月1日から始まった「酒造り」。
この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。
これまでですと・・・
全国の取り引き特約店が「11月22日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と
新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われます。
と、告知するところですが 今期はたぶんコレができません。


変わらず・・
極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから
真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

今年も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。
瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。
まさに「米の果汁」。

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。
令和元年酒造年度の実質スタートです。




当店入荷日 11月26日

製造年・令和二年by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 1800ml



1800ml:3,500円
720ml:1,800円
(本体価格・税抜き価格)
定価 3,850円(税350円)
販売価格 3,850円(税350円)
SOLD OUT

About the owner

加藤久幸

「今夜の一日無事に終わった   さて、今宵は何を呑もうか?」 そんな時、ふと夕日を見ながら、ふと思い出していただける そんな酒屋にになりたいのです

Top